本文へ移動

悠久の里ブログ

悠久の里ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

レモンの木~成長日記その1~

2024-06-06
 悠久の里友の会では、夏の一大イベント悠夏際に向け、昨年に引き続きレモンジュース、梅ジュースを提供する予定です。特にレモンジュース(レモンスカッシュ)は毎年完売するほど大人気で皆さんが楽しみにしてくださっています。

 そこで、「どうせならレモン育ててみれば?」という何気ない施設長からの声を受け、
「じゃあ、やってみよう!!」と一念発起
思い立ったら即計画、即行動の精神でレモンの木を購入しました。
買いに行った日は、屋外に置かれた木のポットに水が溜まる程の大雨でした。2個程小さいレモンの実が生っていましたが、葉っぱが殆ど取れておりお世辞にも立派な木とは言いがたい状況でした。ただ、上手に育てれば実が生る5才の木ということもあり、生命力を信じ、丁寧に植え替えをしました。

 水やりは「レモン当番」という曜日当番制で、友の会メンバーの持ち回りにて行っています。
水やりと生育状況の確認を楽しみにされている入居者様も多く、まるで子供のように可愛がっています
購入時情けない見た目だった木も、今は葉っぱが生い茂りすくすくと育っています
まだまだ先の事になると思いますが、悠久の里産のレモンジュースを皆様に提供できる日を夢見て大切に育てていきます

 余談ですが、レモンは暑さに強く、寒さに弱い木で、10℃を下回ると厳しいようですが、室内で育てれば寒冷地でも問題ないとのことでプランター栽培を選択しました。これから暖かくなりレモンにとって嬉しい季節となります。適度な日光、水やり、定期的な追肥をしながら丈夫な木にしていきたいです
面会に来られた際には“レモンの木”の生育状況も見て頂ければ嬉しいです
 

第1回作品展覧会開催しました!

2024-05-31
 令和6年4月25日(木)に第1回悠久の里作品展覧会を開催しました。
 これまで「友の会」として壁画を中心に創作活動をしてきましたが、個人制作活動もやりたいという思いがありました。そして、“どうせ作るなら沢山の方に見て頂きたい”“いや、友の会に限らず施設全体の行事にしたい”という強い思いから展覧会開催にいたりました。
 コロナウイルス感染症が2類から5類に引き下げられたこともあり、当日は一日会場を開放し、ご家族様も含め沢山の方々にご来場していただけました。ご来場者様には心ばかりのお菓子のプレゼントを用意しました(友の会の入居者様と一緒に袋詰めしました)
 当日は60作品以上と当初予定していた数を大きく上回る作品が飾られ、「2度、3度と繰り返しじっくり見たい」とおっしゃってくださるご家族もおり、感無量でした
 また、来場者様には素敵だと感じた作品を3つ選んで頂きました。来場者最多投票賞を含め7つの特別賞を用意し、4月30日には表彰式も行いました。施設長から賞状を渡されて、緊張気味な方、終始笑顔な方、シャキッと背筋が伸びた様子の方等、様々な顔が見られました
 企画スタート時は消極的な様子もあり心配しましたが、そこは悠久の里職員
やるとなったら一致団結し、入居者様と一緒に素敵な作品を作り上げてくれました
みんなの理解と協力のお陰で素敵な作品展覧会となりました
当日来場頂いた皆様ありがとうございました。不定期となりますが、第2回をお楽しみに
また、少しずつ作品を紹介していきたいと思っております。

山菜尽くし!

2024-05-15
 5月の昼食、春の旬を味わっていただこうと山菜尽くし御膳でした
管理栄養士が当日の朝、新鮮な山菜を手に入れるべく「あるるん畑 へ出発!
こごみとこしあぶらを無事にゲット!
目の前で海老も一緒に揚げてもらいサクッと美味しい天ぷらに
たけのこは、ご厚意でいただき、ありがたく「たけのこ汁」にしていただきました
フキの煮物にフキ味噌とご飯にぴったり!
この季節だけの幸せいっぱいメニューとなりました ごちそうさまでした



節分!!

2024-02-12
 2月2日一日早く鬼たちがやってきました~!
鬼たちも気合を入れて『エイエイオ~!』やる気満々です

 まずはデイサービスの皆さんの元へ向かいます
丸めて作ったかわいいボールを遠慮なく鬼へ
皆さん童心に返って…痛がる鬼を見て、楽しそうです
 お次は、入所者様の元へ
『鬼は外~!福は内~!』びっくりされる方…ノーリアクションの方…
笑顔の方…皆さんで協力して鬼退治
途中で汗だくになって疲れた鬼もちょっと休憩
刺激的な楽しい時間を過ごすことができました
鬼の皆さんお疲れ様でした

獅子舞登場!

2024-01-29
 1月前半に登場の予定だった獅子舞が日を改めて1階フロアにやってきてくれました
 獅子の頭は木でできており、顎を開閉すると「カコカコ」良い音がします
 獅子舞をした職員に聞くと、獅子の口の中から周りの様子や入所者様の表情が見えるそうです
 照れくさそうに頭をかじられたり、獅子の真似をして口を大きく開けたり…
職員もかじってもらい邪気を払ってもらいました。ご利益がありますように
社会福祉法人高田福祉会
〒943-0146
新潟県上越市とよば112
TEL:025-520-6388
FAX:025-520-6393

──────────────────
法人本部 悠友保育園
悠久の里
笛吹の里
イル・クオーレとよば
ケアホームあいびす
リハクラブWILL
──────────────────
0
8
8
8
0
9
TOPへ戻る